SpaceApps Japan ブログ

International Space Apps Challengeの情報を日本語でお届けします

SpaceApps2020 翻訳 A-4) 指先の地球 / Home Planet at Your Fingertips

Space Apps 2020 チャレンジカテゴリー訳 - SpaceApps Japan ブログ
SpaceApps2020 翻訳 A) 観測せよ / Observe - SpaceApps Japan ブログ
  > 当記事

原文 https://2020.spaceappschallenge.org/challenges/observe/planet-at-your-fingertips/details

概要:

私たちが住むこの星を観測してきたNASAの地球データを発見し、可視化し、分析するユーザーフレンドリーなアプリケーションやツールを開発してください。

背景:

長年にわたり、NASAは数多くの地球観測衛星を打ち上げ、天気や気候といった地球の状態を全球規模で監視してきました。しかしながら、衛星データの選別・処理・分析は科学者にとってすら非常に面倒な仕事となりえます。ユーザーフレンドリーなツールやアプリはNASAのデータのユーザーのすそ野を広げ、社会の利益を最大化し、次世代が科学やその応用へと進むモチベーションとなりえます。

あなたのチャレンジは、ユーザーが地球を監視し、日々の暮らしを向上させる助けとなる様に、NASAの地球観測データの発見し、可視化に挑戦できるツールやアプリを開発することです。

考慮項目の例:

  • 例(必須ではありません)として、地球を監視するユーザーが気になる地域と現象の種類を選択したら、信頼できる宇宙機関のデータやモデルを提示する方法があります。提示される情報は洪水のような自然災害や天気、気候、伝染病の感染、農業など様々なものが考えられます。あなたのプロジェクトでは、ユーザーがこれらのデータを宇宙機関から取得・統合・分析・可視化できるようにします。

  • アプリの根幹はユーザーが欲しい地球科学データを探す手伝いをする機能であるべきです。手法としては、アンケートの回答から信頼できるNASAの地球データセットを提案したり、データを簡単に発見できるユーザーフレンドリーなディレクトリシステムを構築したりすることが考えられます。例えば、あるユーザーが自分の住む地域の雨の状況を監視したいとしたら、IMERGE(GPM(全球予測値)のための多衛星による統合的な測定値)の様なNASAの全球予測のデータセットに案内します。

  • 上級者向けの可視化項目(必須ではありません):

    • 地理的位置情報の入力(郵便番号、国、州、郡、流域、大陸、全球)
    • NASAのデータセットを選択
    • データセットやそのパラメータを可視化
    • 自動更新によるモニタリング
  • 多言語対応はできますか?モバイル向けですか?(より広い画面の)デスクトップ向けですか?異常値の検出や通知の設定など、データ分析や時系列データの表示などをどう行えますか?

  • 組み込む機能の例(必須ではありません):

    • 欲しいNASAの地球データセットが簡単に見つかる機能
    • 見つけたデータセットへ簡単にアクセスする機能、またはその方法を提示する機能
  • 上級者向け機能の例(必須ではありません):

    • 環境モニタリングのセットアップのデモ
    • 実在するNASAの情報源からデータや画像を取得するデモ
    • 画像化や時系列表示といった基本的な可視化やデータ分析のデモ
    • 次回以降での使用のために取得したデータを保存するのデモ
    • 異常値やイベント検知といった上級のデータ分析を行い、閾値を超えた場合に通知を送信する

注:現在NASAのWorldViewは、NASAのデータセットや比較対象の単体/複数レイヤーでの可視化に限定されています。現状ではモニタリング用途でのカスタマイズには向きません。また、画像のみを取得しているので、各ピクセルの物理量などは非公開または準備されていません。よって現在、WorldViewはデータ分析能力を持ちません。しかしながら、GIBS APIといったWorldViewを支えるシステムはこのプロジェクトに有用です。上記の制限をどうすれば乗り越えられるでしょうか?