SpaceApps Japan ブログ

International Space Apps Challengeの情報を日本語でお届けします

目線を高く! Set Your Sight High! - Space Apps Challenge 2019 チャレンジ翻訳

チャレンジ原文 https://2019.spaceappschallenge.org/challenges/living-our-world/set-your-sights-high

チャレンジ

NASAは、重要な計測値やデータを世界の科学コミュニティに提供する数多くの衛星および空中ミッションを構築および運用しています。 あなたのチャレンジは、地上にいる人々が、かれらの頭上にいるNASAの衛星や衛星計器を特定することができるツールを開発することです。頭上の 機器から来るデータとその応用を人々が探索するのを助けます!

背景

NASAの地球科学部門は、多くの衛星および空挺ミッションを構築および運用し、地球の重要な測定値とデータを世界の科学コミュニティに提供しています。現在、衛星や国際宇宙ステーションに搭載されている20以上のミッションとさらに多くの機器が、地球の大気組成、気象と大気の動態、気候の変動と変化、水とエネルギーの循環、炭素循環と生態系、地球の表面と内部を理解するのに役立ちます。

さらに、地球科学部門の空挺科学プログラムは、地球の変化を観察し、モデリングのためのデータを取得し、新しい機器技術をテストおよび改良し、衛星機器を較正するための研究で使用される有人および無人航空機を提供します。

NASAの計器は、海洋、陸地、氷、およびその間のあらゆるものに関するデータを収集し、いつでも働きます。 NASAの地球科学応用科学プログラムは、地球上の意思決定を支援するこれらのデータの革新的なアプリケーションの特定を支援し、生活の質の向上と世界経済の強化を支援します。

考慮事項(案)
  • 「地球観測者」ツアーガイドは、ISSまたは衛星フライバイのリアルタイムアラートを送信し、空の計器の位置を特定し、計器からのデータの使用方法に関する情報を共有するアプリになります。
  • 観測機器とその軌道、データ、およびそれらのデータがユーザーの生活にどのように適用されているかについて詳しく知れるように創造的になりましょう!
リソース例

nasa3d.arc.nasa.gov

worldwind.arc.nasa.gov

worldwind.arc.nasa.gov

eyes.nasa.gov

eyes.nasa.gov

airbornescience.nasa.gov

airbornescience.nasa.gov

developer.earthdata.nasa.gov

developer.earthdata.nasa.gov

NASAの現行の地球観測ミッション https://eospso.nasa.gov/

リンク

2019年チャレンジ要約集 https://blog.spaceapps.jp/entry/2019/10/05/000059

目線を高く! Set Your Sight High! - Spce Apps CHallenge 2019 Challenge翻訳

チャレンジ原文 https://2019.spaceappschallenge.org/challenges/living-our-world/set-your-sights-high

チャレンジ

NASAは、重要な計測値やデータを世界の科学コミュニティに提供する数多くの衛星および空中ミッションを構築および運用しています。 あなたのチャレンジは、地上にいる人々が、かれらの頭上にいるNASAの衛星や衛星計器を特定することができるツールを開発することです。頭上の 機器から来るデータとその応用を人々が探索するのを助けます!

背景

NASAの地球科学部門は、多くの衛星および空挺ミッションを構築および運用し、地球の重要な測定値とデータを世界の科学コミュニティに提供しています。現在、衛星や国際宇宙ステーションに搭載されている20以上のミッションとさらに多くの機器が、地球の大気組成、気象と大気の動態、気候の変動と変化、水とエネルギーの循環、炭素循環と生態系、地球の表面と内部を理解するのに役立ちます。

さらに、地球科学部門の空挺科学プログラムは、地球の変化を観察し、モデリングのためのデータを取得し、新しい機器技術をテストおよび改良し、衛星機器を較正するための研究で使用される有人および無人航空機を提供します。

NASAの計器は、海洋、陸地、氷、およびその間のあらゆるものに関するデータを収集し、いつでも働きます。 NASAの地球科学応用科学プログラムは、地球上の意思決定を支援するこれらのデータの革新的なアプリケーションの特定を支援し、生活の質の向上と世界経済の強化を支援します。

考慮事項(案)
  • 「地球観測者」ツアーガイドは、ISSまたは衛星フライバイのリアルタイムアラートを送信し、空の計器の位置を特定し、計器からのデータの使用方法に関する情報を共有するアプリになります。
  • 観測機器とその軌道、データ、およびそれらのデータがユーザーの生活にどのように適用されているかについて詳しく知れるように創造的になりましょう!
リソース例

nasa3d.arc.nasa.gov

worldwind.arc.nasa.gov

worldwind.arc.nasa.gov

eyes.nasa.gov

eyes.nasa.gov

airbornescience.nasa.gov

airbornescience.nasa.gov

developer.earthdata.nasa.gov

developer.earthdata.nasa.gov

NASAの現行の地球観測ミッション https://eospso.nasa.gov/

リンク

2019年チャレンジ要約集 https://blog.spaceapps.jp/entry/2019/10/05/000059

好奇心から助けの手を差し伸べる From Curious Minds Come Helping Hands - Spce Apps CHallenge 2019 Challenge翻訳

チャレンジ原文 https://2019.spaceappschallenge.org/challenges/living-our-world/set-your-sights-high

チャレンジ

NASAは、重要な計測値やデータを世界の科学コミュニティに提供する数多くの衛星および空中ミッションを構築および運用しています。 あなたのチャレンジは、地上にいる人々が、かれらの頭上にいるNASAの衛星や衛星計器を特定することができるツールを開発することです。頭上の 機器から来るデータとその応用を人々が探索するのを助けます!

背景

世界保健機関(WHO)は、世界の人間の死亡と病気の約25%が環境ハザードに関連していると推定しており、これはサハラ以南のアフリカのような特に脆弱な地域で35%に増加します。脆弱性は、環境的、社会的、経済的、および物理的な要因によって左右されます。たとえば、子供や高齢者、および社会経済的に不利な立場にあると考えられる人々は、環境ハザードによる損害のリスクが高くなる可能性があります。これらのハザードは広範囲であり、サイクロンや地震などの単一のハザード、または干ばつ、作物の故障と人口の不均衡に関連する飢餓などのより複雑で連鎖的なハザード、または不安定な場所の開発に影響を与える地滑りや鉄砲水などが含まれます。

これらの地域的なリスクの変化は、環境ハザードの可能性の増加と脆弱性の存在の増加によって引き起こされます。多くの場合、環境や人間の状態に関する情報が最も重要な場所ほど、それらのデータを入手するのが最も難しいです。衛星データは、このデータギャップを埋めるために使用されることが多く、これらのコミュニティを支援するために働く人道支援および開発組織の決定をサポートするためのタイムリーかつ正確な情報を提供します。

考慮事項(案)

ソリューションには次の事項に留意してください。

  • 特定の地域が直面している特定の環境ハザードの脆弱性に合わせて調整するか、あらゆる場所にスケーラブルにするグローバルな環境ハザードに基づいてください。
  • リモートセンシングや人道的作業の専門知識がなくても、誰でも簡単に理解できます。 データの表示方法の創造性(および精度!)は、多くの場合、データの分析方法と同じくらい重要です。
  • ユーザーは、すべての人がいる場所だけでなく、若者や性別の問題(13歳未満の少女など)にもっと関心があるかもしれないことを考慮してください。

開始するためのいくつかのデータリソースが下にリストされていますが、作業中の問題を最適に解決するために、どのデータを含めるかを工夫してください!

リソース例

NASAのWorldview webアプリ https://worldview.earthdata.nasa.gov/

earlywarning.usgs.gov

pmm.nasa.gov

www.mapx.org

global-surface-water.appspot.com

人口と統計 https://www.worldpop.org/

リンク

2019年チャレンジ要約集 https://blog.spaceapps.jp/entry/2019/10/05/000059

緑のレジトレ Rise to Resilience - Spce Apps Challenge 2019 チャレンジ翻訳

チャレンジ原文 https://2019.spaceappschallenge.org/challenges/living-our-world/green-infrastructure-solutions-climate-resilience

チャレンジ

あなたは新しく任命された地域のグリーンエンジニアです。 あなたのチャレンジは、水管理とリスク削減の複雑な課題に対応するグリーン インフラストラクチャ ソリューションを開発することです。 ある都市部または地方を選び、その地域の特性を評価し、開発計画の領域でグリーン インフラストラクチャまたは自然ベースのソリューションを統合するツールを作成してください。 開発計画には1) 洪水や干ばつのリスクの軽減、2) 持続可能な土地活用、3) 水管理の支援、4) 地域の経済的機会の創出などが含まれます。

背景

気候変動の結果、都市は増加する水管理の課題に直面しています-鉄砲水、海面上昇、水質問題などはそのごく一部です。農村地域はそれ以上の課題に対処しています。表層土壌の侵食、干ばつ時の作物の回復力の低下、野生生物へのストレスの増加などです。

これらの複雑な課題に関連するリスクを軽減するための最も効果的なアプローチは、多くの場合、相互に影響しあう複数の問題にわたるレジリエンス(回復力)の構築だけでなく、災害を発生または悪化させる活動を排除することです。水管理とリスク軽減のための最良のソリューションのいくつかが、母なる自然の力を取り入れ、綠を取り戻すものであることは驚くことではありません!

グリーンインフラは、多面的な回復力を構築し、気候変動の影響に適応する機会を提供します。たとえば、都市部での緑地の戦略的な配置は、大気の質を改善し、都市のヒートアイランド効果を抑制することができます。また、緑地は、コンクリートや他の不浸透性の表面と比較して、水の浸透能力が向上することにより、極端な降水時の洪水リスクを大幅に低減できます。土壌中の水分保持が増加すると、同時に地下水量が増加し、干ばつに対するレジリエンスも向上します。土壌微生物の健康が緑地で成長するにつれて、土壌の炭素隔離能力も増加します。これは最終的に、大気中の地球規模の温室効果ガス濃度を低減し、気候関連の危険の根本的な原因に対処するのに役立ちます。

考慮事項(案)
  • 洪水やその他の危険にさらされやすい地域を特定するために、複数のデータセットをどのように収集、分析、視覚化しますか
  • 植生やその他の自然資産のデータレイヤーを視覚化する最良の方法は何ですか?
  • 灰色(建物、道路など)を緑に変換するのに最適な場所をどのように評価しますか?
  • ツールは、計画、緩和、移行、および復元の取り組みをどのようにガイドできますか?
  • 既存のグリーンインフラストラクチャの有効性を改善する方法をどのように見つけることができますか?
リソース例

ecostress.jpl.nasa.gov

smap.jpl.nasa.gov

grace.jpl.nasa.gov

Terra衛星の観測装置MODIS https://terra.nasa.gov/about/terra-instruments/modis

地上観測衛星Landsat https://landsat.gsfc.nasa.gov/

NASAの地上観測衛星データの検索ポータル https://search.earthdata.nasa.gov/search

[PDF] 国連の災害リスク低減に向けた仙台フレームワーク 2015-2030 https://www.unisdr.org/files/43291_sendaiframeworkfordrren.pdf

<訳者追加資料> www.mofa.go.jp

リンク

2019年チャレンジ要約集 https://blog.spaceapps.jp/entry/2019/10/05/000059

NASA Earthに1UPを 1Up for NASA Earth - Spce Apps Challenge 2019 チャレンジ翻訳

チャレンジ原文 https://2019.spaceappschallenge.org/challenges/living-our-world/1up-nasa-earth

チャレンジ

あなたのチャレンジは、NASA Earthのデータを操作し楽しむための目新しい方法を提供するゲームを作ることです。 制作物は、情報を提供し、教育し、刺激し、または単に楽しい体験を提供することができます-地球があなたの舞台です!

背景

1900年代後半には、地球観測衛星ミッションと家庭用ゲーム機の両方が劇的な台頭を見せました。 それにもかかわらず、30年以上後のテレビゲーム内での地球観測の使用例は驚くほどありません!

NASAの地球観測は、生物圏、水圏、寒冷圏、リソスフェア、大気の理解に役立つだけでなく、時間とともに変化する惑星の仮想ビューを提供します。 ゲーム開発者はプレーヤーの操作感のために詳細なゲームコンポーネントのデジタル表現を構築するのに何年も費やしますが、NASAの衛星およびサブオービタルのデータは次世代ゲーム環境の正確で息をのむような基盤を提供します。

考慮事項(案)
  • アクション、アドベンチャーRPG、戦略など、あらゆるジャンルのゲームを構築できます。選択はあなた次第です!
  • NASAには、使用できる豊富な地球データがあります。これらのデータセットの使用方法について創造的に考えてください。
    • 衛星画像-惑星がどのように見え、時間とともに変化したかを視覚的に表す数十年の地球画像。
    • その他の衛星データ-レーダー、サウンダー、マイクロ波、超音波、ライダーなどに基づく非光学リモートセンシングデータ!組み込むのはより困難ですが、これらのデータはダイナミックな新しいコンポーネントをゲームに追加する可能性があります。
    • 地上データ– NASAは、地上の人々が収集した大量のデータにもアクセスできます。これには、空、地面、水の写真、さらには木の高さの測定も含まれます。
  • ここにいくつかのゲームのアイデアがありますが、これらの例を超えたあなたの創造性はただ歓迎されるだけでなく、奨励されます!
    • 神経衰弱– プレイヤーは地球の画像のセットをひっくり返して、記憶で同一のペアを一致させるます。これは、プレーヤーが見つけたマッチの数で得点する競争形式で実行することも、よりゆったりとした形式で単独でプレイすることもできます。
    • パズル– NASA衛星画像を断片に分割し、プレーヤーに完全な画像に再構成するように求めます。
    • 地理クイズ-GLOBE土地被覆アプリから収集した地上画像の選択肢をプレイヤーに提示し、一連の衛星画像のどれがその場所に一致するかを推測するように求めます。これにより、既知のグローバルな地理を識別する能力がテストされます。
    • ナビゲーションの課題–運転またはナビゲーションゲームのベースとしてEarth画像を使用します。プレイヤーに、回避する必要のある障害物として異なる色や特徴を使用して、地球の画像間を移動させます。
    • 土地変化地図-ユーザーが関心のある地域から2つの画像(例えば1980年代と2019年のLandsat画像など)にアクセスできるようにし、土地被覆の変化を見るために古い画像の上に新しい画像を重ねる。あるいは、タスクは、限られた期間にわたる画像間の変化の何らかの側面を識別することである可能性があります。

衛星データリソース

earthdata.nasa.gov

NASA Worldview https://worldview.earthdata.nasa.gov/

science.nasa.gov

search.earthdata.nasa.gov

地上観測データリソース (GLOBE)

observer.globe.gov

datasearch.globe.gov

vis.globe.gov

www.globe.gov

リンク

2019年チャレンジ要約集 https://blog.spaceapps.jp/entry/2019/10/05/000059

高く、遠く、彼方へ! Up, Out, and Away! - Spce Apps Challenge 2019 チャレンジ翻訳

チャレンジ原文 https://2019.spaceappschallenge.org/challenges/stars/and-away

要約

あなたのチャレンジは、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のミッションに関連する仮想現実環境またはゲームを生成することです。ユーザーが地球上での打ち上げから数百万マイル離れた最終目的地の軌道上まで、旅のあいだ、ウェッブ宇宙望遠鏡をフォローできるようにしてください!

背景

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡JWST)は、NASAの次の主要な宇宙科学観測所となり、「人類の利益のために発見し、知識を拡大する」という機関のビジョンを前進させます。NASAはこの望遠鏡に、月に人間を上陸させたアポロ計画を推し進めた2代目長官ジェイムズ・ウェッブの名前を付けました。

JWST南アメリカフランス領ギアナから打ち上げられ、地球から100万マイル近くの軌道で歴史的な任務に乗り出します。 JWSTは、科学者が宇宙の秘密を発見し、私たちの太陽系を探索するのを助け、NASAの他の宇宙天文台ハッブルスピッツァー、チャンドラなど)の科学的発見を拡大します。

JWSTは、非常に広範囲の天体物理現象を研究するために、135億年以上前の時代をさかのぼるように設計されています。JWSTは、私たちの宇宙史のすべての段階を探求します。初期宇宙で形成された光を放つ最初の天体からの赤外光を観察することにより、JWSTは銀河の進化と星系の誕生を見ることができます。JWSTは、太陽系内の天体や、系外惑星として知られている他の星を周回する近くの惑星を研究します。

あなたのチャレンジは、JWSTのハードウェアのビジュアルとハ​​ードウェアの展開タイムラインを使用して、アニメ/VRまたはゲームを作成することです。シングルプレイヤーからマルチプレイヤーまで、競争型または競争型のゲームが考えられます。科学、データ、またはデザインに注力できます。NASAのデータとJWSTの技術革新に関する出版物を使用して、科学的手段、展開機能などにハイライトを当てうる教育機能を組み込むことを検討してください。作品のストーリーはあなた次第です!

リソース例

www.nasa.gov

youtu.be

svs.gsfc.nasa.gov

jwst.nasa.gov

www.nasa.gov

jwst.nasa.gov

jwst.nasa.gov

リンク

2019年チャレンジ要約集 https://blog.spaceapps.jp/entry/2019/10/05/000059

海王星鉄道 The Trans-Neptunian Spaceway - Spce Apps Challenge 2019 チャレンジ翻訳

チャレンジ原文 https://2019.spaceappschallenge.org/challenges/stars/trans-neptunian-spaceway

要約

シベリア鉄道がアジアの遠隔地を西にリンクしたように、海王星鉄道は、海王星を越えて太陽系の新しくアクセス可能な地域に観光客や起業家を連れて行きます。あなたのチャレンジは、海王星近海に関する宇宙空間のマーケティング資料やツールを開発することです!

背景

シベリア鉄道がアジアの遠隔地を西にリンクしたように、海王星鉄道は、海王星を越えて太陽系の新しくアクセス可能な地域に観光客や起業家を連れて行きます。この地域にはチャンスがあります! 80以上の小さな惑星が既に知られており、毎日さらに多くの惑星が発見されています。 準惑星冥王星族、およびキュビワノ族がたくさんいます。 あるものは岩と氷の混合物であり、あるものは窒素、メタン、珍しい物質を持っています。あなたのチャレンジは、2045年冥王星鉄道のオーナーとして、あなたの顧客に旅の予約を促すウェブサイトやアプリ、そして/または訪問客向けのマーケティング資料を開発することです。海王星近海の目的地や名所、そして移動手段を明示してください。

考慮事項(案)

幅広く考えてください! たとえば、太陽系の他のどの体よりも速く4時間で自転するハウメアでどのような冒険ができますか? 宇宙の風化によってソリンに変容した有機材料で構成されるマケマケの表面にはどのような種類の天然資源が存在する可能性がありますか?遠隔にあるアルビオンの前哨基地で生活していくにはどうすれば良いでしょうか? 居住者はどのようにして食料、水、電力を手に入れますか? そして、乗客がどのようにそこにたどり着くかについて考えることを忘れないでください。どれくらい時間がかかりますか? 彼らはどのように二つの世界を行き来しますか?

希望する適当な場所を選んで、それを基にプロジェクトを作成します。 プロジェクトページでその場所を選んだ理由を説明してください。 ボン・ヴォヤージュ!

リソース例

solarsystem.nasa.gov

リンク

2019年チャレンジ要約集 https://blog.spaceapps.jp/entry/2019/10/05/000059