SpaceApps Japan ブログ

International Space Apps Challengeの情報を日本語でお届けします

SpaceApps2018チャレンジ翻訳 HELP OTHERS DISCOVER THE EARTH 「地球を発見する手助けをしよう」

大阪会場の河村です。
(日付け変わっちゃったけど連日の更新ということで)
今日(昨日)は大阪会場の最終打ち合わせがありました。

それでは今日のカテゴリーです。
HELP OTHERS DISCOVER THE EARTH 「地球を発見する手助けをしよう」
このカテゴリーに属するチャレンジは地球データの可視化を求めるものが多いです。
(訳題のカッコ内は横浜クイズ協会版で、異なる訳のものです。)

目次


【B-1】Artify the Earth 地球を鼓舞せよ (地球アート作品)

原文 : https://2018.spaceappschallenge.org/challenges/help-others-discover-earth/artify-earth/details

THE CHALLENGE お題
NASAの地球画像データを使用して、1)美術作品、または2)画像を操作して独自の芸術作品を作成できるツールを作成します。

Background 背景
NASAは50年以上にわたり地球の画像を収集しています。これらの画像は生物圏、水圏、氷圏、リソスフェア、および大気圏を理解するのに役立つだけでなく、私たちの故郷の惑星の比類のない美しさを示しています。この挑戦のために、これらの息をのむようなイメージを取り入れ、インスピレーションを得て、あなたの芸術的な想像力を本能のままに発揮してください!

あなたの課題は、NASAの画像や他のスペクトルデータをあなたの選択したメディア(媒体)に適応させ、NASAの地球観測の独自の解釈を開発することです。あるいは、他の人がNASAの地球画像やスペクトルバンドのデータを新しい創造物に変えることを可能にするツールやアプリケーションを構築してください。あなたが作成したものは、情報を提供し、人々を教育し、またインスピレーションを与えることでしょう。

Potential Considerations 審査基準案
スペクトルバンドデータを使用して作成する場合は、次の点を考慮してください。

  • 光学画像、または多色画像として見るものは、NASAのミッションから集められたスペクトルバンドの測定値で作られています。画像変換の一例は、別の見せ方のために、異なる赤、青、緑(RBG)カラー割り当てにスペクトルバンドを割り当てることです。
  • 芸術的目的のためにイメージを操作するために使用されるスマホアプリは非常に多くあります。これらのアプリケーションは、有名な画家、イラストレーター、アーティストのスタイルで画像の鮮明度を変え、色調を調整し、独自のフィルタを適用し、複数の画像を結合し、画像をパターンに分割し、画像を芸術作品に変換します。これらの機能やその他の機能を組み合わせることで、ユーザーは独自のアート作品を生み出すことができます。
  • プロジェクトを教育目的でどのように使用できるかを検討しても良いかもしれません。たとえば、スペクトルバンドデータを操作するツールを開発する場合は、データを収集した衛星ミッション、RBGイメージを作成するために使用されたスペクトルバンド、または表示されるエリアに関する情報を共有するフィーチャを追加することを検討してください(自然史、地理、社会学)。
  • データ入力をNASAデータの全範囲にし、地球の画像にとどまらないものも含めれば、他の惑星の画像に基づく芸術作品も可能となるでしょう。
  • 高度のレイヤー(例:下記のシャトルレーダートポグラフィミッションのリソースを参照)や惑星の物理的特性を表す処理済みのデータなどの光学的な特性を超えたデータを組み込むことを検討してください

Examples of Resources 素材例


【B-2】1D, 2D, 3D, Go! (3次元天体ツール)

原文 : https://2018.spaceappschallenge.org/challenges/help-others-discover-earth/1d-2d-3d-go/details

THE CHALLENGE お題
誰もが軌道から地球を探索できるようにするWebアプリケーションを作成して展開してください! NASAのWeb WorldWindなどの対話型仮想地球儀を使用して、地球サイエンスサテライトおよびミッションデータを可視化します。 NASAのOpen Data Portalのデータセットを使用して、火災、氷、雲、隕石、または水温スペクトルを表示します。

Background 背景
Webアプリケーションは、科学データや地球を周回する科学衛星の視覚化を通じて、地球に関する人々の教育や取り組みに役立つ素晴らしいツールです。データファイルを1次元(1D)と考えてください。このチャレンジは、2次元(2D)座標と3次元(3D)座標を仮想世界地図や地球儀上に表示できる1Dデータファイルに変換するWebアプリケーションを作成することをあなたの中のデータサイエンティストに求めます。 プログラミング初心者は、Webベースのスクリプトやブロックベースのプログラミング環境を使って2D画像を表示するWebアプリケーションを作成してみてください。中級および上級のプログラマは、データソースを仮想グローブおよびWebベースのプログラミング環境と統合してみてください。

潜在的なウェブアプリのアイデアには、以下が含まれますが、これに限定されません。

  • 変換ユーティリティ
  • 軌道衛星の軌道可視化
  • 地球科学データ画像の携帯電話アプリ
  • 仮想地球からのデータにアクセスするための再利用可能なコード
  • Webベースのプログラミング環境と仮想地球儀の統合

ミッション分析アプリケーションは、カンマ区切り値(CSV)形式で2Dまたは3D座標を生成するとよいでしょう。潜在的な変換ユーティリティは、例えば、CSVデータをJSONJavaScript Object Notation)またはGeoJSONに変換して仮想地球儀上に表示することができます。地球科学の2D画像は、スクラッチなどのWebベースのプログラミング環境にインポートすることができます。いくつかのNASAデータセットは、仮想地球儀にインポートできる形式です。 JavaScriptを使って仮想地球儀をScratchと統合することは、生徒が仮想地球儀を使用するのに役立ちます。一般の人々、特に教師や学生の関心を引くためにウェブアプリをデザインしましょう!

Potential Considerations 審査基準案

  • フリーの仮想球は地球科学データをインポートする機能を提供します。
  • フリーのコードライブラリとWebベースのプログラミング環境により、2D画像と3Dデータ視覚化が可能です。
  • フリーのミッション分析ツールは、軌道座標の生成ができます。
  • フリーのリポジトリとWebアプリケーションホスティングプラットフォームにより、地球科学画像と軌跡の可視化を提供するWebアプリケーションの共同開発と展開が可能になります。

下記の素材例のセクションには、デモンストレーション、チュートリアル、仮想地球儀、コードライブラリ、およびミッション解析アプリケーションへのリンクがあります。

多くのプロジェクトや以前のSpace Apps Challengeの作品は、オープンソースコードリポジトリで利用できます。いくつかのコードリポジトリは無料のWebページホスティングを提供しています。したがって、プロジェクトはソースコードを提供し、同じリポジトリ内の埋め込みWebアプリケーションでWebページをホストすることができます。その後、あなたのプロジェクトページからアプリに埋め込みまたはリンクすることができます。

インタラクティブな3D Webアプリケーションのソースコードとモデルは、再利用のためにフリーでなければなりません。さらに、良いソリューションとは、よくコメントされ、文書化され、ウェブページに埋め込まれた作業用ウェブアプリケーションを介して実演されるもののことです。。コードとモデルは理想的には、独自の宇宙ミッションを設計することに関心のある市民科学者が適応して再利用できるように記述することができるよう配慮して書かれていてほしいです。

Examples of Resources 素材例


【B-3】Space Apps: The Documentary ドキュメンタリー「Space Apps」

原文 : https://2018.spaceappschallenge.org/challenges/help-others-discover-earth/space-apps-documentary/details

THE CHALLENGE お題
NASAのInternational Space Apps Challengeの本質を捉えるための短いドキュメンタリーを作成します。

Background 背景
2012年の第1回Space Apps Challenge以来、何百もの場所からの何千人もの参加者が、NASAのチャレンジに応えるユニークで刺激的なソリューションを開発しました。あなたのような参加者は、興奮、ストーリーテリング、幻想的な多分野の科学と工学でいっぱいの週末に集まります。私たちはあなたの驚くべき話を聞きたい!イベント開催地への準備や出張、ハッカソンでの友達や出会い、受賞ソリューションの開発など、思い出に残るSpaceAppsの体験を世界中の他の人々と共有しましょう!

あなたのチャレンジは、NASAの国際宇宙アプリ挑戦のドキュメンタリー5分(またはそれ以下)を制作し、それがあなたにとって何を意味するのかということです。 このチャレンジのために、あなたと創造的なチームは以下をカバーすることを選択するかもしれません:

  • あなたがSpace Appsを通して学んだ地球と宇宙の謎
  • 1つまたは全てのチームをフォローする、あなたが参加しているローカルイベント
  • 特定のソリューションとその背後にある物語
  • 舞台裏のヒーローたち - ローカルホストがどのようにイベントを導き、一体となっているか
  • Space Appsの歴史、以前のチームやソリューション、またはあなたに影響を与えたSpace Appsの過去
  • あなたが興味深いと思うこのハッカトンのあらゆる側面

創造的な動画の中で経験を文書化してください。プロジェクトページにコンテンツをアップロードまたは埋め込むときは、できるだけ多くの情報を含めるようにしてください(最終版の動画、スクリプト、キャストおよびクルーのリスト、機器リスト、ストーリーボードなど)。

Potential Considerations 審査基準案
あなたのチームには映画の制作や編集に使える時間がほとんどないと思われるので、スクリプトの作成、演出、演技、ゲストスピーカーのインタビュー、音楽の追加、編集、照明の管理、サウンド、アーティスト、プロダクションアシスタントなどとなど、あなたの先にあるタスクを分業化するとよいでしょう。

オーディオ/ビデオレコーダー、マイク、照明など、チームが映画を制作するために必要な機器を検討してください。現代のスマートフォンは、これらの機能すべてを実行できるはずですが、特殊な機器があればクオリティを向上させられるかもしれません。チームに特別な機材がない場合、他のチームと協力してみてはどうでしょうか。

サウンドはしばしばビデオの最も重要な要素とみなされます。視聴者は貧弱なビデオ品質を許しても、貧弱な音質はほとんど許しません。

短編映画を企画して制作するのに役立つインターネット上の資料を参照してください。たとえば、3Dモデリング、アニメーション、音声録音、編集を可能にするツールがあるサイトや、アイデアからリサーチ、アウトライン、ショットリストの作成、および台本の作成といったプロセスをガイドするサイトがあります。

.グローバルアワードのファイナリストに選ばれた場合は、30秒間のビデオエントリとして提出する予告編を作成するために、その映像をどのように編集できるかを考えてください。

Examples of Resources 素材例